袴(ハカマ)のたたみ方 出世だたみ

白三角部分を矢印に通します。

長い方の紐を四つ折りにし、矢印の方向に折ります。

上記は折り返したものです。

裾を上に折り返します。
更に上の部分を折り返したものです。
袴のヒダを整理します。
矢印の紐は下の紐の交差している部分に揃えます
極力紐にさからわず紐なりにたたみます。
紐の先端を矢印に差込み紐の長さを調整します。
形を整えて終了です。
三つ折りのタトウ紙に収納する事が出来ます。

もどる

袴のたたみ方は難しいものと決めつけずに是非挑戦して見て下さい。
この説明で上手にたたむ事が出来れば宜しいのですが・・・・
矢印の紐を矢印のように通します。

矢印に沿って巻きつけます。

右側の紐も左の紐と同様に矢印の部分より巻きつけて行きます。
長さを調整した紐は矢印の方向に折り左の紐は終了です。
左側の紐と同様に右の紐も四つ折にして重ねます
袴のたたみ方には色々有りますが、ここでは男物の袴の代表的なたたみ方として出世ただみを紹介します
巻きつけた紐の先端を矢印に差込み紐の長さを調整をします。
巻きつけた紐は矢印部分を巻きつけます。
次に短い方の紐を矢印のように下から通します
ヒダを整えた袴は三つ折りにします。白い棒状のものは強いたたみ筋を防ぐため厚紙を丸めたものです