着物のクリーニングについて

着物の手入れとして、先ず一般のクリーニング店に相談される方が多いようですが、洋服を専門とするクリーニング店では、非常にデリケートな繊維である絹織物のクリーニングには無理な場合が有ります。


なぜなら洋服を洗うドライ機の溶剤には、化学繊維の摩擦により発生する静電気による火災の危険を防止するため、溶剤の中に水分を加える事が義務付けされております。

水分の含んだ溶剤で着物を洗いますと、着物が型崩れを起こしたり逆汚染(溶剤の汚れを逆に着物が吸ってしまう)恐れが有りますので、大変危険です。
お客様が、着物の手入れを考えた場合、着物の手入れの専門店はクリーニング店と思っいてるお客様が大半ですが、着物(絹繊維)は非常にデリケートで、一般のクリーニング店では取り扱わない場合も有ります。私共ではそうした難しい繊維の着物専門を専門としたクリーニング工房です。
私共ではドライ機を、着物(絹織物)専用のゆすぎ機として、一切水分を補給する事無く使用しておりますので、その仕上がりをご覧下さい。
絹織物は絹自体に水分を含んでおり、静電気の発生は殆ど有りません。又絹織物(着物)の汚れ落としはドライクリーニングだけでは、表面のほこりが落ちる程度で、汗や手あかでこびり付いた汚れは落ち切れません。

着物のクリーニング専門店

クリーニング(生け洗い)だけでは、着物に付着した汗や水性のしみ迄は落とせません。着物の手入れは生け洗いをした後、しみはしみで新たに別工程で染み抜きをしなくてはなりません。
そうした汚れは手洗いで落とし、ドライ機はあくまでも溶かした汚れの濯ぎのみに使用するのが理想で、洋服とは異なる作業が必要です。その区別として着物のクリーニングの場合、クリーニングとは言わず、生け洗いと言っております。

大切なお着物のクリーニングは私共にお任せ下さい。

もどる

着物のお手入れはクリーニング(生け洗い)だけでは無く、染み抜きもセットで行ってくれるお店に依頼する事が大切です。