着物のたたみ方 着物の畳み方 着物のたたみかた きもののたたみ方 基本のたたみ方(本だたみ)  浴衣のたたみ方 浴衣の畳み方 ユカタのたたみ方 ユカタのたたみかた 帯のたたみ方 帯のたたみかた 名古屋帯のたたみ方 塩瀬帯のたたみかた 塩瀬名古屋帯の畳み方 染み抜きのご用命は私共しみぬき池田補正所にお任せ下さい。
上前側の衿を重ねます。
重ねた衿のアップです。
上前側を重ねます。
重ねたアップです。
左の袖を折り返します。
裾の方を上に折り返します。

着物のたたみ方 着物の畳み方 着物のたたみかた きもののたたみ方 基本のたたみ方(本だたみ)  浴衣のたたみ方 浴衣の畳み方 ユカタのたたみ方 ユカタのたたみかた 帯のたたみ方 帯のたたみかた 名古屋帯のたたみ方 塩瀬帯のたたみかた 塩瀬名古屋帯の畳み方 染み抜きのご用命は私共しみぬき池田補正所にお任せ下さい。

衽の縫い筋より3cm程ずらして折り返すと衿は平らになります。
衽の縫い筋で折り返した場合。中央のふくらんだ部分にシワが出来てしいます。
衽の縫い筋を外側に折り返す際、縫い筋では無く約3cm程ずらして折り返しましょう。

何故なら本衿は衽の上先(剣先と言う)より斜めになっている為、縫い筋に従って折り返しますと共襟辺りにシワ寄せが出てしまい。着物を着る際襟元に乱れが出てしまう為です。下記の写真参照
 
整理した衿のアップです。
それをずらして上半身の整理をしましょう。
衽の縫い筋で外側に折り返します。
右の脇縫い筋を内側に折って下さい。
 着物はたたむのが難しいと思っておられる方がおりますが、本来着物のたたみ方は大きく分けて本だたみと平だたみの2通りで、両方の脇筋を基準に縫い筋に逆らわず平らにたたむだけです。実際にやってみればそれ程難しいものでは有りません。
更にそれを二つ折りにして下さい。
たたんだ部分だけを二つ折りにします。
折り返した衽の上に上前の衽を重ねます。
上前の脇筋を重ねます。
二つ折り用 85cm×35cm
名古屋帯のたたみ方

長すぎる手の部分を折り返します。

更に三角の部分を折り返します。


 三つ折り用  
57cm×35cm
 疂紙(タトウ紙)も古くなりますとヤケたり、カビが出たりします。

こうしたタトウ紙に着物を包む事はなるべく避けて下さい。

タトウ紙も4〜5年位過ぎましたら新しいタトウ紙にお取替え下さい。
平(夜具)だたみ用 
 65cm×35cm
更に長すぎる部分を折り返します。
ひっくり返して右袖を折り返して終了です。
 疂紙(タトウ紙)について 
たたんだ着物を包む紙を、タトウ紙(タトウシ)又は文庫(ブンコ)とも言います。
 ★ サイズも様々ですが、大きく分けて写真の三種類です。
 ★ 二つ折は豪華に見えますが保管場所や取扱いが少し面倒です。
 ★ 留袖や中振袖・訪問着等、手描き模様や金加工・刺繍の施されている品物には模様の間に薄紙をはさみたく、その場合は、本だたみより平だたみの方が好都合となります。

もどる


直角に折った部分を折り返します。

三角になっている部分を直角に折ります。

手頃な長さで直角に折ります。

それを更に折り返します。

タレの部分を適当な長さに折り返します。

それをひっくり返して完了です。

注意事項 帯はお太鼓やタレ及び前・手さき等、しめて出る部分に折れ筋がつかないようにしましょう。

上記左写真、この際二つに折れば二つ折(約85cm)となり、三つに折れば三つ折(約57cm)となり、四つに折れば四つ折(約45cm)となります。着物を仕舞うスペースに合わせてお好みのサイズにたたんで下さい。
注意としては、着物をたたむ際、なるべく袖の裾に折れ筋が入らないようにしましょう。